神前挙式

「神前挙式」とは文字通り「神様」の前で式を挙げる事です。
昨今ではウェディングドレスを着て、教会やホテルで式を挙げる人が多いかもしれません。
しかし、こちらは日本の伝統的な挙式スタイルです。
手順は以下にまとめています。 難しいと思うでしょうが、ちゃんと説明を聞けばすぐに覚えられる筈です。

1.入場
新郎新婦を筆頭に媒酌人、新郎の身内を先、新婦の身内を後の順番で入ります。
この時の席は神前の正面に新郎新、向かって右が新郎、左が新婦の関係者です。

2.修祓(しゅうばつ)の儀
神事の前に身を清める儀式です。
斎主が入場して拝礼し、全員が起立して礼をする。
斎主が「ご幣」という道具を振って穢れをはらうので、それが終わったら立ったまま一礼します。

3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が神前に二人の結婚を神様に報告して、加護を願います。
この時、全員が席を立って一礼します。

4.三献(さんこん)の儀
よく耳にする「三三九度」です。
三つ組みの杯で新郎新婦が順番に御神酒を飲みます。
一の盃は新郎から新婦へ、二の盃は新婦から新郎へ、三の盃は一と同じく新郎から新婦に渡します。
どの盃も一口目と二口目ではなく、三口目で飲み干します。
飲めない人は事前に伝えて水に変えてもらいましょう。

5.誓詞奏上(せいしそうじょう)
神前にて新郎新婦が誓詞(誓いの言葉)を読みあげます。
一般的に本文は新郎が読み、最後に新郎が自分の名前を読んだ後に、新婦が自分の名前を読みます。

6.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
無事に挙式が終わったら、その感謝として玉串を神前に供えます。
新郎新婦は巫女に手渡された玉串を持って祭壇に行き、玉串案という台の上に置きます。
この置き方も決まりがあり、根本を右手で、左手で下を支えて九十度、次に左右の手を逆にして、枝を180度回転させて祭壇に向けます。
枝を置いたら「二拝・二拍手・一拝」の順で拝礼して、互いに背を向けない様に回ります。
媒酌人がいる場合は、同じやり方で続けて玉串を供えます。

7.指輪の儀
本来は神前にはない儀式ですが、昨今はキリスト教にならって、互いに指輪をはめます。
順番は新郎、新婦です。

8.親族杯(しんぞくはい)の儀
新郎新婦の両家が親族になったという誓いを交わすため、盃に注いだ御神酒を飲む。
それぞれ前の盃に注がれるので、それを全員が席を立って三三九度と同じで、三口目で飲み干す。

9.退場
斎主が神に式が無事に終わった事を告げて、一拝したのを合図に全員が席を立って礼拝する。
そして、斎主が新郎新婦に祝いの挨拶をして、全員で礼拝をする。
最後は斎主、新郎新婦、媒酌人(仲人)、新郎の両親、新婦の両親、新郎の親族、新婦の親族の順番で退場する。