スピーチでの注意点

スピーチは新郎新婦だけでなく、招待客の方々も耳を傾けます。
その中には初対面の方もいるので、基本的に分かりやすい内容が好まれます。
自分の自慢や昔の恋愛など、仲間内でしか分からない話は御祝いの席でしないようにしましょう。

また、食事中に行われる事もあるので、あまり長すぎず、時間としては3分ほどが良いでしょう。
この中に「御祝い」・「自己紹介」・「新郎新婦への言葉」と加えて、最後に「終わり(結び)の一文」を入れれば問題ないでしょう。
出来れば文章は事前に原稿用紙かワードで書いて、それを誰かに聞いてもらい、本番でも淀みなく言えるようになっていれば理想的です。
早口で落ち着きない話し方だと、内容が良くても聞いてもらえません。

また、緊張して途中で間違えてる事もあるでしょうが、その時は深呼吸して短い謝罪をしてから、最後まで続けてください。
最も大事なのは相手を祝う気持ちです。
少しぎこちなくとも良いので、相手を祝う気持ち込めて、ゆっくり、姿勢よく話しましょう。

そんなスピーチで嫌われやすい内容は、先に書いた様な自慢話や恋愛の他にもあります。
例えば、祝辞に関係ない会社の景気、政治や政党の話は祝いの席には不向きです。
自分だけが話して気分がよくなるのは「スピーチ」ではなく、大きな独り言にもなるので注意しましょう。